スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M33でUMD吸出し

CFW 3.52 M33-3以降でのUMD吸出し方法です。吸い出したUMDはISOというファイル形式で保存されます。 パソコン上でUMDをリムーバルディスクとして認識されるためPSPから直接パソコンにUMDをISOとして保存できます。

準備
 ・PSP(CFW 3.52 M33-3以降を導入済み)

手順

1.PSPの電源をいれXMBで、SELECTボタン(3.71 M33~)もしくはHOMEボタン(3.52 M33-3~3.60 M33)を押して”VSH MENU”を表示させます。

2.”USB DEVICE”の項目で十字キーの左右を押し”Memory Stick”から”UMD Disc”へ変えます。

3.SELECTボタンかHOMEボタンを押して”VSH MENU”を消し、”USB接続”をします。

4.PCでUMDがISO形式で認識されます。

5.コピーしてPCに転送してください。

6.これでUMDの吸出し完了です。

ISOファイルの起動の仕方はこちらを参考に。
スポンサーサイト

ISO起動

ISO起動とは、PSPのUMDを「ISO」というファイル形式で吸い出し、CFWのPSPでメモリースティックから起動させるというものです。

●ISO起動の良いところ
  ・メモステから起動のため、ロードが高速
  ・UMDドライブを使用しないのでバッテリー消費が少ない
  ・大容量のメモステが必要だが、いくつもソフトを入れられる。
※自分の持っているUMD以外のデータを持っているのは違法です。

準備
 ・PSP(CFW導入済み)
 ・ISOファイル
 ・メモリースティック(大容量オススメ)

手順

1.PSPのルートフォルダに”ISO”フォルダを作成します。

2.”ISO”フォルダの中に”ISO”ファイルを転送します。

3.リカバリーモードでConfiguration->UMD ModeをNO UMDに設定します。

4.PSPを立ち上げゲームの項目のメモリースティックを選択します。

5.先ほど入れた”ISO”ファイルが表示されているので、選んで○ボタンを押せば起動できます。

ISOのファイルの吸い出し方はこちらを参考に。

CXMBでCTF形式のテーマを使おう

今回はflash0に直接書き込まずにXMBをかっこよくするCXMBを紹介します。
CXMBを使うことで、PTF形式くらい簡単にXMBをかっこよくすることができます。

準備するもの
・PC
・CFW3.71/3.80/3.90M33のどれかを導入済みのPSP
CXMB (自分のCFWに合ったものをDLしてください)
CTF形式のカスタムテーマ(PSP-GENERATIONで20種類ほど公開されていました。)


手順


1.上記のCXMBをダウンロードして、解凍します。

2.PCとPSPをUSB接続します。

3.”CXMB_LITE”フォルダ内の”cxmb”フォルダをメモステ直下にコピーします。

4.メモステ直下に”seplugins”フォルダをつくり、
その中に”vsh.txt”を作成し、ms0:/cxmb/cxmb.prxと記述します。

5.CTF形式のカスタムテーマをDLします。

6.CTF形式のカスタムテーマをms0:/PSP/THEMEにコピーします。

7.USB接続を解除し、PSPの電源を落とします。
その後、Rボタンを押しながらPSPを起動し、
Plugins -> cxmb.prx [VSH] (Disabled)で×ボタンを押し、
cxmb.prx [VSH] (Enabled)に変えてプラグインを有効にします。

8.[設定]→[テーマ設定]→[テーマ]より、好きなCTFテーマを選びます。
なお、適用するとPSPが再起動します。

UMD吸出し

CFW 3.52 M33-3以降でのUMD吸出し方です。吸い出したUMDはISOというファイル形式で保存されます。

パソコン上でUMDをリムーバルディスクとして認識されるためPSPから直接パソコンにUMDをISOとして保存できます。
 準備するもの
・CFW導入済みのPSP


手順
1.PSPの電源をいれXMB(クロスメディアバー)で、SELECTボタン(3.71 M33~)もしくはHOMEボタン(3.52 M33-3~3.60 M33)を押して”VSH MENU”を表示させます。

2.”USB DEVICE”の項目で十字キーの左右を押し”Memory Stick”から”UMD Disc”へ変えます。

3.再度SELECTボタンかHOMEボタンを押して”VSH MENU”を消し、”USB接続”をします。

4.PC側でUMDがISO形式で認識されます。

5.ドラッグ&ドロップもしくは、右クリックから「コピー」でPCに「貼り付け」して”△△△△.ISO”を転送してください。

7.わかりにくかったら名前を変えておくと便利です。



カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

初心者用解説
相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2Blog Ranking

マイクロアド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。